支部活動

令和5年12月9日の東京支部総会の報告
令和5年12月9日の東京支部総会の報告

令和5年12月9日(土)に『2022年度東京支部総会』を開催いたしました。

25名の方々にご参加いただき、ありがとうございました。
特に、友電会本部の会長廣瀬様には新潟県から、前会長の福田様には長崎県から、 そして辻先輩には三重県からと、遠方からご参加いただき深く感謝申し上げます。
 母校の大石理事長様​は多忙のため、残念ながらご出席が叶いませんでしたが、 塩田学長との連名による祝辞を送って頂きました。 ありがとうございました。

 今回の基調講演では、中野正三様(E05)から「東証1部への道のり」と題してご講演頂きました。 とても素晴らしい内容で本当に勉強になりました。
この講演内容は、東京支部ホームページに掲載していますので、是非ご覧ください。
 「東証1部への道のり」へのリンク

 母校の近況について、大石理事長から​プロモーションビデオを送って頂きました​。 ​この新しくなった母校のビデオ​を見つつ、学校理事の観野様より学園の「最新情報」「母校の変遷」、 そして「喫緊の課題」​についてご説明いただきました。

 私から​は、昨年度から​開設した東京支部ホームページの現状をご報告いたしました。 諸先輩より多数の投稿を​頂いておりますので​​、是非一度アクセスして頂きたい​と思います。 ​皆様の素晴らしい仕事と人生の経験​が書かれており、特に若いOBの方に共有していきたいです​。 投稿回数に制限​はございませんので、​皆様も昔の栄光を思い出しながらご投稿を​頂けたら幸いです。
 今回、私から​廣瀬会長​へ投稿​をお願いしましたところ快諾頂きました。 加えて​、2週間後に次回投稿者のご指名もお願い​いたしました。​ご協力に感謝申し上げます。 ​

 参加者全員による記念写真撮影後​、懇親会​を2時間程度開催しました。 ご参加の皆様​に近況報告を頂き、とても楽しく有意義​なひと時になりました。

 最後は大学歌​を全員で斉唱し閉会いたしました。 ​皆様、本当にありがとうございました。
来年​も​、同じ都市センターホテルにて、2024年12月7日(土)​に開催​を予定しています。 ​皆様のご参加を宜しくお願い致します。

これからも引き続き、東京支部へのご鞭撻とご指導を宜しくお願い致します。

東京支部​ 支部長 蕭 烱森

(左):ご挨拶中の廣瀬友電会会長   (右):基調講演中の中野正三様

令和5年度「友電会東京支部 年次総会」ご案内
令和5年度「友電会東京支部 年次総会」ご案内
【ご案内】 10月7日(土)北関東支部 支部総会・・学術講演会・懇親会の開催について
【ご案内】 10月7日(土)北関東支部 支部総会・・学術講演会・懇親会の開催について
2023年東京支部 新人歓迎会を開催!
2023年東京支部 新人歓迎会を開催!

図書室

私と友電会との関わりについて(2)
私と友電会との関わりについて(2)

F07期 友電会会長 廣瀬一夫

 全国区の同窓との出会いと友電会の関わりについてお話します。
1998年にハイテク(サイバー)犯罪対策室が発足しましたが、当時はサイバー犯罪に関する法律もなく、既存の法律のみで対応していかねばなりません。そうなると犯罪検挙のみではいたちごっこ。霧がありません。どうしても事件化(捜査)とともに犯罪防止活動(防犯)も重要になります。そこで一歩先に進んでいる民間の力を借りることとし、同年に官民・大学の力を結集するためにNPO法人(新潟情報セキュリティ協会)を設立し、これを母体として同年に「情報セキュリティワークショップin越後湯沢」という全国規模の会議を新潟県で開催しました。
この間、問題点の把握と対処方法を身につけるため、経産省外部機関の「IPAセキュリティセンター」を訪問したり、壁の厚い教員方々の関心を得るため校長会にお邪魔してフィルタリング等を携えて伺いました。一緒に活動している協会の仲間からは「型破り公務員」のあだ名を頂戴するほど図々しく動き回りました。
 このワークショップ開催で参考にしたのは、和歌山県の白浜で開催している「コンピュータ(現サイバー)犯罪白浜シンポジウム」です。このシンポの実質的主催者は「JIP」日本電子計算(株)の方々で、ここには同窓もおられました。彼らから知恵を拝借しながら手探りで湯沢ワークショップを開催しました。このワークショップでJIPの方々を始め、大学や高専の先生、IT企業に就職されておられる同窓の方ともお会いでき、いろんな話が出来、同窓の絆を感じるとともに、紹介の輪が広まっていきました。
皆様方とのお付き合いによって「自分の仕事が上手く行くか行かないかは人脈に大きく関わり、如何に交流の輪を広げ、仕事を成し遂げるには組織におけるキーマンを見つけ出すかにかかっている。」と感じました。民間会社の方々とのお付き合いで営業の基本を学ぶとともに、公務員の認識と大きく違い、我が人生に別の花を咲かせていただいたなあ、と痛感しております。
 また、ワークショップでの発表や討論会を通じた縁で、さらに友電会の理事会や全国支部長会に呼ばれて講演までするようになり、ますます友電会と繋がりが深まっていきました。その後、友電会の評議員になったり理事になったりしましたが、本業が忙しく、これらの役職は数年で遠慮させていただきました。
 以後10年余、友電会とは交流が絶えておりましたが、2017年ころ、孫の世話で老後を楽しんでいたところ、兼ねてからお付き合いのあった先輩から「友電会を一般社団法人として設立したいので手伝って欲しい。」との誘いがあり、再度、友電会に関わり現在に至っております。
 今、友電会との関わりについて振り返ってみると、この湯沢ワークショップの開催と出会いが如何に大きかったと感じています。刑事として歩んできた道と違う道にも大きな人生がありました。


※記事引用: 新潟日報、三条職警連だより

私と友電会との関わりについて(1)
私と友電会との関わりについて(1)
昨今のPC雑感
昨今のPC雑感
東証1部への道のり
東証1部への道のり